プリザーブドフラワーの材料 プリザーブドフラワー作り方 花材 資格

プリザーブドフラワーの材料

プリザーブドフラワーの花材料などを紹介したいと思います。プリザーブドフラワーには、使用できる花材料は限られています。そのなかで、花材料のタイプは2つあります。その二つとは花類と葉っぱ類です。その葉っぱ類は非常にたくさんの花材があるのに対して、花類はまだまだ種類が少ないのが現状の様です。
下の花はプリザーブドフラワーの花材として使えるものたちです。
バラ・カーネーション・ラン、トルコキキョウ、ダリア、カサブランカ、スカビオサ等は最近では技術の向上により使われるようになりました。また、現在は花びらが薄く崩れやすいものでも花材として使える様になりました。これからもどんどん花材料の種類は増えていくと思います。そうなるとどんどん幅が広がって楽しい事間違いなしでしょう。
プリザーブドフラワーとはなんなのか?
生花に、ブリザーブド加工という特殊な加工を施し生花のフレッシュさを長い間保つ事が可能なお花です。使用されている着色料、薬品はメーカーにより違いがありますがオーガニックな、物や人体、環境に悪影響名材料は使っていません。薬剤を植物が自分で持っている自然な力で吸い上げていくため人工的な着色では出せない、自然な風合いをだすことができます 。そのプリザーブドフラワーはヨーロッパから広がりました。1991年にフランスのVermont社(ベルモント社)がパリで発表した「長寿命な切り花の製造技術」からプリザーブドフラワーはスタートしているのです。
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。