プリザーブドフラワーの花材 プリザーブドフラワー作り方 花材 資格

プリザーブドフラワーの花材

プリザーブドフラワーは造花だと思い込んでいる人が多いと思いますが、本当の花材は生花でできているのです。それが、プリザーブドフラワーです。プリザードは、「保存する」という意味です。ではプリザーブドフラワーは、どうやって花材を作るのでしょうか?これはけっして難しいことではないのです。プリザーブドフラワーの専用の液体に、生花を浸けておくだけでいいのです。

具体的に言うと、最初に花材となる生花を用意します。作りたい色の専用の液を用意します。そしてそこに浸けておきます。プリザーブドフラワーを自分で作ると自分の好きなカラーにすることができます。
1週間ほどしてから、取り出して、乾燥したら出来上がりです!プリザーブドフラワーのいいところは、長い間姿が変わらず長持ちするところです。しかも、生花みたいに水をあげなくてもいいのです。しかも日に当てる必要もありません。
それなのに、触った感触は柔らかくて、生花を思い出させてくれるのです。それに花材に生花を使うので、まったく同じ物は世界に存在しません。まったく自分のオリジナルの花材が出来上がるのです。でも、花材は生花を加工した物ですので、高温多湿や直射日光には弱い部分もあります。それと、ディスプレイとしてずっと飾っていると、ホコリを被ってしまいます。でも掃除をすることもできるし、もし壊れてしまった場合、接着剤等で直すことも可能です。そんな生花を花材としたのが、プリザーブドフラワーです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63006321

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。