日記 プリザーブドフラワー作り方 花材 資格

プリザーブドフラワーの販売

プリザーブドフラワーとはどんな花なのでしょうか?ここでどんなに細かく説明するよりも、実物に触れて自分で実感して知るのがやはり一番だと思います。プリザーブドフラワーを販売している店に行ったり、店で販売しているプリザーブドフラワーを自分で購入したりするといいでしょう。プリザーブドフラワーの販売のしかたにはふたつあります。

まず、お店で用意されたプリザーブドフラワーを販売する方法。
楽天やヤフーショッピングなどインターネットの通販で販売されているのも同じことです。実際に自分の目で見てどのような花なのかがわかっていますので、贈物やギフトとして知り合いにプレゼントするには安心です。
もうひとつのプリザーブドフラワーの販売ですが、プリザーブドフラワーの花材は、実は生花なのです。この世界中で同じ物はひとつもないのです。ということは、本当は似ているプリザーブドフラワーということになります。ですから、オーダーという販売の方法も可能なのです。

自分が知っている、信用のできるお店や教室であれば、プレゼントした人を喜ばす事をちゃんとしてくれますし、世界にひとつしか存在しないオリジナルが出来上がります。あと、最近は、ある程度自分で予算を決めると、その範囲内で指定した個数のプリザーブドフラワーを作ってくれたりするんです。これだと、小さいプリザーブドフラワーをたくさんの人にプレゼントできますよね。しかも、どれも世界にひとつしかないものなんです。販売されているプリザーブドフラワーにも目がはなせません。

プリザーブドフラワーのギフトセット

プリザーブドフラワー+αのギフトセットを紹介します。
贈る人の記念に残るプリザーブドフラワーと、こだわりの紅茶の贈り物ギフトセットです。本物のお花が持つフレッシュさのまま長期間枯れない魔法のお花、プリザーブドフラワー。プリザーブドフラワーが作り出した美しい空間に、それを楽しむための香りと味わい、最高の紅茶を添えて贈りましょう。
プリザーブドフラワーとギフトセットになっている紅茶の話ですが、2002年パリ開催世界ティーエキスポ2年連続金賞受賞のジャンナッツ。
この紅茶なら舌の肥えたどんなグルメな方にも自信を持ってプレゼントすることができると思います。
詳しくはこちら→http://pflowershop.seesaa.net/article/39404552.html#more
送料・のし・メッセージカード・紙袋無料です。
・ストロベリーショートケーキのような花器入りプリザーブドフラワーのアレンジと、缶入りグルメ紅茶のギフトセットで通常価格5,700円のところ4,980円です。
・色違いでクリーム、ピンク、レッドのプリアーブドフラワーのボックスアレンジメントと、ティーバッグセットで通常価格5,500円のところ4,980円です。
・フレンチブレックファースト、いちご、アールグレイ、ダージリン、フルーツの中から選べんでいただける紅茶葉と、ローズのプリザーブドフラワー一輪のギフトセットで通常価格3,780円のところ3,480円です。

プリザーブドフラワーの花材

プリザーブドフラワーは造花だと思い込んでいる人が多いと思いますが、本当の花材は生花でできているのです。それが、プリザーブドフラワーです。プリザードは、「保存する」という意味です。ではプリザーブドフラワーは、どうやって花材を作るのでしょうか?これはけっして難しいことではないのです。プリザーブドフラワーの専用の液体に、生花を浸けておくだけでいいのです。

具体的に言うと、最初に花材となる生花を用意します。作りたい色の専用の液を用意します。そしてそこに浸けておきます。プリザーブドフラワーを自分で作ると自分の好きなカラーにすることができます。
1週間ほどしてから、取り出して、乾燥したら出来上がりです!プリザーブドフラワーのいいところは、長い間姿が変わらず長持ちするところです。しかも、生花みたいに水をあげなくてもいいのです。しかも日に当てる必要もありません。
それなのに、触った感触は柔らかくて、生花を思い出させてくれるのです。それに花材に生花を使うので、まったく同じ物は世界に存在しません。まったく自分のオリジナルの花材が出来上がるのです。でも、花材は生花を加工した物ですので、高温多湿や直射日光には弱い部分もあります。それと、ディスプレイとしてずっと飾っていると、ホコリを被ってしまいます。でも掃除をすることもできるし、もし壊れてしまった場合、接着剤等で直すことも可能です。そんな生花を花材としたのが、プリザーブドフラワーです。

プリザーブドフラワーでリース

プリザーブドフラワー、アレンジメントなどについて紹介します。
フラワーアレンジメントは、西洋版生け花です。バスケットなどの花器に盛ったものや、結婚式に使うブーケ、クリスマスなどに壁や玄関に飾られているリース、コサージュなどなど、いろいろな花をアレンジしたものをいいます。英国式フラワーアレンジメントや、フレンチフラワーアレンジメントなどというものがあり、ホリゾンタル(水平型)、360度見せるラウンド(ドーム)型のものや、三方向から見せるトライアンギュラー型といった型があります。
和風の花をイメージしたアレンジメントもありますが、デザイナーさんの感性の素晴らしさに思わず感動してしまいます。駅前の花屋さんで新鮮な季節感いっぱいのミニブーケなど、店頭で売っているものに、思わず手に取って見入ってしまう人もいるでしょう。お値段も小さなアレンジメントで350円くらいのものから、数千円、数万円の豪華なものまでいろいろあります。
フラワーアレンジメントされた花束は、お誕生日、お見舞い、開店祝い、ご結婚祝いなどなどプレゼントとして多く活用されています。
枯れるのがもったいなくなるほどの、とってもきれいなフラワーアレンジメントです。アレンジメントを写真に撮って、カードにして友人に贈るのも素敵ですね。皆さんもプリザーブドフラワーを使って部屋をリースなどで飾ったり友人にプレゼントしてみてください。必ず喜ばれる事まちがいなしです。

贈物にプリザーブドフラワー

贈物をプリザーブドフラワーにしようとお考えの人はたくさんいます。理由は生花で作られたブーケが、生花のような感触をしていてしかも、長持ちするからです。贈物としてプリザーブドフラワーは、二つの方法があります。
一つ目。
プリザーブドフラワーを販売しているところに贈物としてお願いする方法です。
二つ目。
プリザーブドフラワーを購入し、贈物としてプレゼントする方法です。
これらは、インターネットで調べるのが一番良いと思います。楽天などで調べてみるとたくさんでてきます。楽天などの通販はプリザーブドフラワーを購入するだけじゃなくて、贈物として発送もしてくれるからおすすめです。急いでいるときなどは、とてもありがたいサービスです。あとは、みなさんが自分でプリザーブドフラワーを作って贈ってみましょう。少し時間がかかると思いますが、気持ちが伝わります。プリザーブドフラワーは最初からすべて作らなくてもいいのです。すでに加工されている花材もたくさんありますし、あとは、自分で好きな形に仕上げていけば完成します。大きななど自分の好きな形に作れるのでたくさんの人に贈物でプレゼントするのにはいいと思いますよ。だって、自分のオリジナルなので世界で1つもものですから。
プリザーブドフラワーを購入して記念日などに贈物する。ちょっとしたプレゼントにも、自分で作ったオリジナルのプリザーブドフラワーを贈物する。こんな事ができれば、とても素晴らしい事です。プリザーブドフラワーを自分で作ると大きな物も、作れるようになるので、これからの趣味としても大活躍です。みなさんも、プリザーブドフラワーに触れて、そのすばらしさを感じてみるといいと思います。

プリザーブドフラワーの花ギフト

プリザーブドフラワーとは欧米諸国を中心に発展した新しい技術なのですが、あっという間に多くのお花好きの人々を魅了して、可能性を広げたアレンジメントの花材として今注目を集めています。
ブリザーブドフラワーとは生花を特殊加工して、みずみずしい風合いをそのままに、長い時間鑑賞できるように施したものです。
母の日や父の日のプレゼント、お誕生日のプレゼントなどにマンションへの引越し祝いなど・・・ 玄関や、台所などの花が飾れない場所に飾るなど様々な贈り物にプリザーブドフラワーはおすすめです!
みなさんも友人知人に喜ばれるプリザーブドフラワーをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
プリザーブドフラワーなどを扱っている花屋さんちょっと紹介していきます。興味のある方は連絡をとってみることもいいかもしれませんね。
フラワーアレンジメントの宅配ギフト。
●創作花屋・花の音
株式会社 イン・トゥコーポレーション
住所・北海道札幌市豊平区月寒東5条17丁目7-18-902
電話・011-595-7717 
e-mail・info@hananone.jp

プリザーブドフラワーのギフト

プリザーブドフラワーの花は、花のアレンジメントの中でも、一瞬見ただけだと生花と間違ってしまいます。ウェディングブーケなどでは、一生の思い出の形が枯れることなくそのままずっと残ります。
プリザーブドフラワーとは?
プリザーブドフラワーとは枯れない生花のことをいいます。プリザーブドフラワーはドライ加工されているのですが、ドライフラワーとは正反対で、生花のようなみずみずしさを持っています。
初めてプリザーブドフラワーを見た方は必ず驚かれると思います。今プリザーブドフラワーはこれからの新時代のお花として大注目されていて人気がでています。プリザーブドフラワーは、1991年にフランスで開発されて、今では世界中のあちこちでギフトなどとしてみんなに愛されています。プリザーブドフラワーを使った商品アレンジメントや、専用素材は今や大人気商品になっています。

今では家でも作れるプリザーブドフラワーの材料も手に入るようになり、自分のオリジナルアレンジができるようにもなりました。全国でプリザーブドフラワー教室も次々に開かれていて、文部科学省認可のプリザーブドフラワー資格コースなども登場しています。留まる所をしらないプリザーブドフラワーの人気は、コロンビア大使館主催のプリザーブド・フラワー・コンテストなどもあり、世界的に人気急上昇になっているのです。

プリザーブドフラワーのプレゼント

クリスマスプレゼントにプリザーブドフラワーをプレゼントするときっと喜ばれますよ。プリザーブドフラワーとは枯れない魔法の花、ドライフラワーとは違ってフレッシュなお花のことです。一見生花そのものなのですが、本当は乾燥してあって長期間の保存が可能ですから。やはり大好きな彼からクリスマスプレゼントにプリザーブドフラワーをもらったら感動すること間違いなしですよね!

花と言っても普通の花束とプリザーブドフラワーは違うんです。とてもかわいいバスケットに入っていたり、おしゃれなケースにはいっていたり、リボンがついていたりと、とっても可愛いキュートなんです。女の子だったらやはり誰もが喜ぶアイテムだと思います。それがプリザーブドフラワーなのです。

ポインセチアなども良いですが、プリザーブドフラワーならバラでもカーネーションでも自分の好きな色んなお花を1年中もしくはそれ以上楽しむ事ができます。色もかわいいピンク赤だけではなくブルーもあるんですよ。クリスマスにメッセージカードなどを添えて大好きな彼女にプリザーブドフラワーを贈ってみましょう。喜ばれる事間違いなしです! あと敬老の日などのプレゼントにもいいみたいですね。
しかし敬老といっても、最近はおじいちゃん、おばあちゃんて、見た目もですがとっても気が若いですよね。やはり年寄りじみたプレゼントをすると、返って「年寄り扱いするな!」って気を悪くしてしまうかもしれません。そこで、おじいちゃんより、おばあちゃん向けになりますが、とってもキレイで喜ばれるプレゼントがプリザーブドフラワーです。プレゼントしてみてはいかがでしょうか?洒落ています。

プリザーブドフラワーの材料

プリザーブドフラワーの花材料などを紹介したいと思います。プリザーブドフラワーには、使用できる花材料は限られています。そのなかで、花材料のタイプは2つあります。その二つとは花類と葉っぱ類です。その葉っぱ類は非常にたくさんの花材があるのに対して、花類はまだまだ種類が少ないのが現状の様です。
下の花はプリザーブドフラワーの花材として使えるものたちです。
バラ・カーネーション・ラン、トルコキキョウ、ダリア、カサブランカ、スカビオサ等は最近では技術の向上により使われるようになりました。また、現在は花びらが薄く崩れやすいものでも花材として使える様になりました。これからもどんどん花材料の種類は増えていくと思います。そうなるとどんどん幅が広がって楽しい事間違いなしでしょう。
プリザーブドフラワーとはなんなのか?
生花に、ブリザーブド加工という特殊な加工を施し生花のフレッシュさを長い間保つ事が可能なお花です。使用されている着色料、薬品はメーカーにより違いがありますがオーガニックな、物や人体、環境に悪影響名材料は使っていません。薬剤を植物が自分で持っている自然な力で吸い上げていくため人工的な着色では出せない、自然な風合いをだすことができます 。そのプリザーブドフラワーはヨーロッパから広がりました。1991年にフランスのVermont社(ベルモント社)がパリで発表した「長寿命な切り花の製造技術」からプリザーブドフラワーはスタートしているのです。
 

プリザーブドフラワーとは?

プリザーブドフラワーとは、プリザーブドフラワーやブリザーブドフラワーと呼ばれていることもあるようなのですが、正式にはプリザーブドフラワーが正解です。プリザーブドフラワーの由来は、ブリザーブ=「保存する」という意味の英語からきています。
オーガニック系の染料を生花に吸わせ、特殊な加工を施すということでナチュラルな姿や風合いまた鮮やかな花色を長い時間保つ事のできる加工花のことをいいます。この新しい技術は欧米諸国を中心に発展し、瞬く間に多くのお花好きを魅了してしまい、この花材はアレンジメントの可能性を広げ注目を集めています。
●プリザーブドフラワーの誕生
フランスのヴェルモント社という会社がプリザーブドフラワーを生み出しました。ヴェルモント社とは、ベルギーのブリュッセル大学とドイツのベルリン大学が10年間にもわたる共同研究の末、1987年、世界で始めてのプリザーブドフラワーを発表しました。そして長寿命の切花製法を1991年に世界特許認定を取得しました。
枯れることがないといわれている画期性と、多くのカラーバリエーションがアレンジメントの可能性を広げたことで、クリスチャン・トルチュ氏やケネス・ターナー氏などヨーロッパの有名なフラワーアーティストがぞくぞくと作品に取り入れて、瞬く間に有名になりヨーロッパ全土に広まりました。日本でも花業界から話題を呼び、有名になってメモリアルギフト、ディスプレイフラワーとしてたくさんの人気を呼んでいます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。